2016年02月16日

色彩検定1級 一発合格できてよかった

色彩検定1級合格記念エントリー。
受験目的は会社から出る微々たる手当と、「LabやLCH表色系についてきちんと知りたい/色彩について感覚的でなく言語的、数値的な知識が足りないのでは」という考えからだった。
自分の勉強内容をふりかえってみる。

<使用した教材>
1級の公式テキスト
サミュエルの1級1次試験問題集
過去問(2012年、2013年、2014年度)
やさしい色彩検定3級
199a配色カード

<1次試験対策 1ヶ月間で時間にして20時間程度>
〜サミュエルの1級1次試験問題集1回目〜
公式テキストを参考にしつつ、理解・納得することに重点をおき時間をかける。
〜サミュエルの1級1次試験問題集2・3回目〜
不正解で解答・解説にて理解できないところ以外は公式テキストを見ず。正解することに重点をおく。

<1次試験について>
問題集を正答率90%くらいになるまで解いておけば安心ではないだろうか、と、簡単に書いてみたが、2級と比較して1級は公式テキストが厚く、サミュエルの問題集もかなりのボリュームに感じた。とにかく覚える量が多かったので、もっと時間をかけたかったところ。それでも30時間もつぎ込めたら十分なのかな、という感触だった。
自分が苦戦したのが、見慣れていたマンセル表色系と色の記号化ルールが異なるオストワルト表色系やNCS表色系であった。あとは視細胞と脳への伝達の流れかな。公式テキストだと全体像がわからなかった。細胞名はやむを得ず語呂合わせ暗記だったし。ファッション業界や仕組みについても業界的に今後役に立たない割に覚えることが多かった。

<1次試験終了直後から、2次試験対策を開始 1ヶ月間空き時間をフル活用>
配色カード199aを1cm角で切り取りトーン毎で一覧シートを作成しマンセル値を付記
配色カード199aの色相名暗記
配色カード199aの、マンセル値の明度と彩度の法則探し(丸暗記はせず)
配色カード199aで、慣用色・心理四原色・色光の3原色・色料の3原色に対応するトーンの暗記
過去問の2012〜2014年を購入し試験前1.5週間で3回ずつくらい模擬試験
2〜3級知識の確認(pccsトーン 中間色・明清色・暗清色 補色色相・中差色相 といった色彩用語の意味。配色の基礎など。過去問を解く中で知らない用語や理解できない用語があれば確認)

<その他2次試験について>
2次試験直前になって過去問足りないのではと不安になるも、本屋で2009の内容を確認して傾向がずいぶん違ったため購入に至らず。ここ3年ほど、丸暗記が不要で配色理論を重視している印象。
必ず最初に出題される視感測色については同じ問題でも繰り返すほど目が慣れてくる。訓練あるのみだった。
配色カードのマンセル値暗記については得意な人はやればいいと思うのだが、自分が苦手だったことと、あとは最近の出題ではpccsとマンセルの色相変換表が問題用紙に載っていたり、目視で判断できそうだったのでそれほど重要視せず省略した。
配色カードの切り貼り作業はぶっつけ本番だったが前半60分で問題を解き後半30分でカードの作業でちょうど良い感じだった。

<2015年の試験内容について>
1次試験についてはこれといって難はなかったように思うが、むしろ記述問題が過去にも出題があったSD法とは、ラッキーだった。
2次試験は、これまで頻出だった慣用色名は出ず、まさかのファッション流行色史から「アシッドカラー」「シャーベットカラー」「モーニングスターブルー」。しかしバッチリ公式テキストにある内容なのでひるんではいけない。これらが解けなかったら勉強不足…!自分はアシッドカラーとシャーベットカラーがわからず血の気が引いた。「モーニングスターブルー」についてはサミュエルの問題集に感謝。

<所感>
5、6年前に2級を取得。既婚・子持ち・フルタイム勤務。クソ忙しい日々の中で合格した達成感ときたらもう。協力してくれた家族感謝。
肝心の動機「LabやLCH表色系についてきちんと知りたい/色彩について感覚的でなく言語的、数値的な知識が足りないのでは」については、色彩検定だけでは物足りない。というか、勉強して知ったけど色彩検定は、ファッションに関する知識が多く動機を満たすためにはあまり意味が無かったのかもしれない。光学や色彩工学といったディープな学問に片足突っ込まないといけないことがわかり、気が重いw
なにはともあれ無事合格できたので今夜はご馳走つくってワイン飲む。
posted by アンゴ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

岩牡蠣をさばく

岩牡蠣を捌けるようになりました。
大したことではないのかもしれませんが
自分としては特殊能力を身につけたかのような心地で。

<自己流の道具(自己流)>
金槌
ステーキナイフ
軍手(利き手でない方にはめる)

<場所>
キッチンでやるとたいへんなことになるので
(匂いとか破片とかハエとか)
屋外で水場が近いところがのぞましい。
(もれた汁とか洗い流したくなると思うから)
大き目の固い石の上で作業できると楽。
(岩牡蠣を金槌で叩くので)

<要点>
・貝柱さえ切り離せば貝殻が開く
・貝柱の位置を特定するために、貝の形をよく観察する
・根元の位置と、弓の形状の輪郭を観察し、弓と弦を見極める
・上3つを体得すれば、身をぐちゃぐちゃにしたり、身を殻の破片まみれにすることはない

<手順>
@平らな面を下にして、立体的な面を上にする。
A根本を見極める。
B湾曲する方向を見極める。
C根本でない方(開く方)の、真ん中よりちょっと横(※)をトンカチで叩く。
※Bで見た湾曲の弓の形でいう弦にあたる方に寄ること
D隙間を確認できたら、平らな面を上にして、立体的な方を下にする。
E隙間からナイフを差し込む。平らな面を辿って貝柱の手ごたえを探る。
F弓の形の、弦から弓へ向かい、貝柱を切る。
G貝柱を完全に切り離すと平らな面が少し浮くので手で開く。
H仕上げに、貝柱の下の部分も切り離すことを忘れない。


モノによって形の見極めは困難であるが、50個くらいやってると
なんとなく見分けられるようになった。
「弓の形状」は貝柱をキレイに切り離すために重要かと。
切りやすい方向というものがあることがわかった。
殻が2,3個つながっているモンスターに出くわすことがあるが、
思い切って金槌で叩き始めると、たいてい、5回目くらいで、
バコッとはがれて殻と殻の隙間から得体の知れない海の生物が
ぞわわわ〜〜〜とはいだしてきて、コンクリートで息絶える姿が拝める。
ドン引きするけど、めげないで。
自分でさばいた生牡蠣のあの塩辛さ、そして甘くてコリコリした貝柱の
ためじゃないか!!!

すべて経験の蓄積と慣れである。
なんでもそうだよね。
やってみるのって大事だよね。
ごちそうさまでした。
posted by アンゴ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

ベビーカーを買った。

ベビーカーは、かなり迷いましたが、アップリカの「ソラリア」を買いました。

候補とその理由は以下4つでした。
カルーン(アップリカ)…両対面で軽いから。
スティック(アップリカ)…ハイシートだから。
ソラリア(アップリカ)…ハイシートの両対面だから。
ソラチカ(ピジョン)…ハイシートの両対面でソラリアよりかなりお安いから。

候補をしぼる上で重視した要素は以下のとおり。
1首すわり前から使える
2軽くてコンパクト
3両対面
4ハイシート

1は消去。ベビーカーを見ていると、価格も重さもおおきく変わってくるA型とB型の区分けは、首据わりではなく腰据わりなのだそうですね。なので今買うのなら(4ヶ月半なので)A型でOKという結論でした。ただしアップリカのスティックは首据わり後から使えます。

2も消去。たたんだときに如何に小さく、軽く、持ち運びに便利であるか。わたしの場合田舎の一軒家に住んでいて、アパートのような階段の昇降が無い上、移動は自家用車が主であり、バスや電車はめったに使わないので、思い切って候補ポイントから外しました。

3。まあ、背面オンリーより対面にできるほうがぐずらないだろう、と考えて。

4。これはできればハイシートがいいかなーくらいに最初は考えていたけれど、親の腰にやさしいというのはけっこう重要かなあと思います。わたしの腰は丈夫なほうではないし、夫の腰もヘルニア持ちなので、こういうベビーカーがあるのは良いですねえ。実際ハイシートのものにしてみて、子どもの乗せ降ろしにストレスは感じません。

1、2、3、4のポイントを整理した結果、アップリカのソラリアか、ピジョンのソラチカかというところまで絞れました。ネットで調べてもこの両者は拮抗していて、ほんとうに、どっちを買っても一長一短という印象でした。
迷ったときは実物を見て決めるのがいちばんですね。

店員さんの説明を聞きつつ実物を操作してみたところ、両者の違いはこんな感じでした。
・幌…ソラリアはすっぽりと大きい。ソラチカは短い。
・クッション…首据わり前の首や腰を保護するクッションが、ソラリアには有。ソラチカには無。
・通気性…ソラリアは背面になんだか特殊な穴がついている。ソラチカは通気性については謳っていない。
・車輪…ソラリアは対面時と背面時で後輪のロックが自動で切り替わる。ソラチカは切り替わらない。
    (ちなみにこの機能があるのは現在このアップリカのソラリアとコンビのディアグラッセだけだそうで。)
    (店舗で試した実感としてどうか→仕事柄、車輪がお馬鹿な台車に20kgくらいの荷物の乗っけて運ぶ作業があるので、わたしはソラチカでも別に操作は問題ないと感じました。逆にソラリアだと違和感があり、特にバックはしづらいです。別にこの機能が無くても、スーパーの買い物カートに慣れている人ならそれほど苦にならないのでは、と思いました)
・その他…ソラリアのほうがハンドルがガクガクする。ソラチカのほうがハンドルに安定感があり、コンパクトにかんじる。
     対面時、ソラリアは子どもの顔が遠い。ソラチカのほうが子どもの顔が近い。

上記はあくまで両者を店頭で並べて、比べてみた感想です。「その他」の項目にあるようにわたしはどちらかというと操作性はピジョンのソラチカのほうに軍配を上げていたのですが、購入して実際に道路やショッピングセンターで使っていると気にならなくなりました。対比すると気にしなくていいところまで気になってきてしまうものですねえ。

幌の長さやクッションの有無なんかはどうしても後から気になったら買い足すことになると思うので、お財布に余裕があるのであればアップリカのソラリアにしておけばいいんじゃないかなー、というかんじです。ソラリアにしておけばとりあえず全部揃ってます、値段相応でいたれりつくせりです。
…ソラリアがもう少し安ければこんなに悩まなかったんだけどな^^;
今回はありがたいことに義母からの援助を受けてソラリアにしちゃいました。

わたしのように、別に重量級のベビーカーでも支障ないわ〜という環境の方は、日本製に限らず海外製も候補に入れても良いかもですよねー。断然オシャレだし、3輪タイヤなら小回りもききそうだし。

そういえば候補の中にコンビが入ってなかったですね。理由はただの個人的な好き嫌いです。
コンビの製品ってなんかキレイ事や押し付けが多いっていうか。抱っこひもでニンナナンナを買ってそう思ったので。
それに、ざっと見たところ、アップリカとコンビは出している製品の機能や値段がほとんどいっしょで両者を比べても意味がないような気がして。


なにはともあれ、はれて、散歩が日課になりました。
秋の風が気持ちよいです。
posted by アンゴ at 16:02| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

口コミに付記してほしい情報。

マタニティ&ベビー用品の口コミって検索すると無数にあってけっこう役に立っているんだけど、書いてる人のスペックまで明記してあるとなお助かるんだけどなあ。

母親の体格/子どもの月齢と体格/居住環境

これらによってその製品が便利に感じるか不便に感じるかってけっこう変わるんだよなあ。
posted by アンゴ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

ふわスリングにした。

ベビハグスリングを購入してから早2ヶ月半。
子どもも4ヶ月となりそろそろ本格的に外出用のリング無しスリングが欲しいなあと思い、検討を重ねた末に、フォローもしっかりされているようだしお値段も5000円ちょっととお手ごろな「ふわスリング」というものを買ってみました。

首がすわりきっていないので、慣れている横抱きで使っています。肩に綿入りですがそれほどかさばらず。ちょこっとお出かけするときの抱っこの補助として活躍中です。

販売はplumeさん。サイズの選び方がとっても参考になりました。商品には抱っこの仕方のパンフレットも同封されていました。メールにてふわスリングで抱っこ中の写真を送ればこつを指南してくださるようです。
posted by アンゴ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

やっと初秋

「North」いいなあ。

1.Parade
2.She's So Mean
3.Overjoyed
4.Put Your Hands Up
5.Our Song
6.English Town
7.How Long
8.Radio
10.The Way

が好き。

ようやく秋らしくなって。
昼寝も気持ちよくなってくるどー。

乳腺炎の傾向があったんでマッサージに行ってきた。
3ヶ月になった子の体重は思ったより増えてなかったな^^;
夜の授乳間隔が空いてきたせいみたい。
母乳トラブル防止のためにも最低2回はがんばろうかな。
posted by アンゴ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

「North」発売日です。

matchbox twentyの最新アルバム「North」が発売となりました。
正式なスタジオアルバムとしたら「more than you think you are」から約10年ぶりのリリースとなります。
(その間、ベスト版+新曲のリリースや、各メンバーのソロ活動等がありました。)
10年、長いようで、短いですね。
いや、短いようで長いと言うべきかもしれません。
最新のアルバム「North」は、「more than〜」を聴いていた頃からは想像もつかない内容となっております。

ソロ活動の経験やもちろんメンバー(リズムギターのAdam)の脱退の影響が大きいのだろう。これで離れていくファンもあり、新しいファンが増えたりするんだろうな。
初期の音を追及するもよし、新しい音を取り込んでいくもよし、ほんとうにいろいろなバンドがあって、音楽っておもしろい!
久々にきちんと音楽CDを聴いてしみじみとしてしまった。
たくさん聴いたらまた感想まとめよう。

とりあえずの感想メモ。
・ギターのKyleがリードボーカルしてる曲あり。なにげに美声なんだよなー。the New Left(彼のソロ活中のバンド名)の音源を手に入れたいのだがどなたかお持ちではありませんか??
・Rob Thomasはボーカルとしてアグレッシブで感心。
・曲、演奏、アルバムの全体観、どれをとっても抜群のバランス感覚は健在。このバンドのすばらしいところじゃないかなと。
posted by アンゴ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

VPDと予防接種、同時接種について。

なぜ同時接種なのか?
胎盤や初乳を通して赤ちゃんが獲得した免疫が無くなると考えられる生後6ヶ月までに免疫を獲得するためです。
わたしが出産した総合病院では小児科の先生による講習があったので同時接種に抵抗はなかったです。

Hibと肺炎球菌ワクチンについては任意接種であるにもかかわらず「必ず受けてください」くらいの念押しをされました。それほど細菌性髄膜炎の治療というのは大変なのだそうです。
任意接種のワクチンにはその他ロタウイルスとB型肝炎があります。
ロタはもしもウイルスに感染して重症化してしまったら絶対後悔すると思うので受けさせてます。
B型肝炎は親がキャリアーでないため受けないことにしました。

お金がかかるからとか、
同時接種ってなんか心配だからとか、
たくさん注射させるのがかわいそうとか、
友人はやっていないからとか、
小児科の先生がきちんと理由を付けた上でこうした方がいいですと言っているのにインターネットとか口コミの情報に惑わされるのって
???
です。

同時接種によるデメリットって無いと思うけど。
posted by アンゴ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

お客様は神様的な

広報アドバイザーが無印良品の店員に「販売員は下に見られがちな職種」と差別的な発言か / ネットの声「馬鹿げた意見」ロケットニュース

この広報アドバイザーのいう「販売員は下に見られがち」というのは、

「お客様は神様」

とかいう日本独自の空気感からきているのでは?
無印良品やユニクロに行くと社員からアルバイトまで徹底した教育を感じてお客であるわたしがたじろぐくらいの丁寧さだ。直後に某シューズストアに行くと、忙しいアピールをする店員にがっかりすると同時にその雑な扱いにどこか安心するものである。

わたしは海外に行った経験が一度きりあるのだが、ニューヨークシティではお店に入ると必ず店員と「ハロー」の挨拶を交わし、レジに並べば「どこから来たの?」「そのネイルとてもキュートね」とまるで友人のように会話をする。日本だとよっぽど常連じゃないとこの手の会話はしない気がする。この体験はかなり新鮮だったし英語を話すのが苦手なわたしはびびりまくった。

海外では、「お客様は神様」ではない。
チップというものの存在もそのためではないか。
日本ではサービスされるのが当たり前、海外ではサービスは無い。
まあ日本の場合は国民皆中流階級だからこそ「お客様は神様」が通用するのだろうな。海外では貧富の差とかで職種が決まることがあるし事情はもっと複雑なのだけれど。

この広報アドバイザーは言葉がかなり悪いと思うので「馬鹿げた意見」と批判されるのもしょうがないと思うが、日本国内では接客する人間の立場が海外に比べて特殊であるのは事実だと思う。

…無印良品の販売員さんと接していて不快な想いをしたことは一度も無いです。
posted by アンゴ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする

前田敦子さん

前田敦子。AKB48の中核にいるメンバーの一人。
AKB48のコンセプトが「会いに行けるアイドル」とか「クラスで10番目に可愛い」。
簡単にいえば「ふつうの子たち」といったところ?
前田敦子はまさにぴったりですね。

グループ卒業を目前に出演した映画「苦役列車」。
コケたという話題の一方で前田敦子の演技が意外といいみたいなことも聞く。
これまで出演した連ドラや映画の評判は軒並みイマイチであったと記憶していますが、
今回どんな役かといえば「ふつうの子」なんですね。
自然体の彼女にぴったりハマル役が回ってきたのかもしれない。
思えばこれまでの作品は「アイドル」の看板を背負っていたゆえの配役が多かったようにも思える。
女優業に熱意のある彼女にとって転機となるのだろうか。

( ∵ )

「顔がセンターのあの子」
顔文字まで浸透している前田のあっちゃんは、
なんだかんだで愛されてるんじゃないでしょうか。
なーんか応援したくなるんだよなあ。
タグ:前田敦子
posted by アンゴ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。