2010年09月09日

テレプシコーラが完結

ダヴィンチでテレプシコーラの完結を見届けた。
自分的に近年まれに見るなんとやらでした、このマンガは。

バレリーナを目指す少年少女たちの過酷な現実が見られる一方、六花をとりまく奇妙とも思える運命的なめぐり合わせを、淡々とスリル満点で追うことができました。
おもしろかった。

いちばん好きな場面は第一部で六花がクララとしてはじめて舞台に登場するシーンです。それまでの緊迫をやぶるあの大胆なジャンプは鳥肌モノです。
posted by アンゴ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本雑誌マンガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162053348

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。