2011年06月27日

ややリア充のちょいネト充

おひさしぶりーな友人と遊んだ。
彼女は海外留学しており、休暇の帰国中に、1年に1回遊ぶ、というかんじ。
やはり海の向こうは過酷なようだ。文化の違いが。もっとも嫌なのが「掃除」に対する認識の違いなようだ。それはわたしだったら耐えられないかも。1週間分の皿がシンクに溜まっていたり、便器開けて残ってたりしたら、トラウマになりそう。
日本というちっちゃな島国で、内輪ネタでぬるぬるしているのが心地よいかもね。

して、人気の川越シェフについてなぜか話した。
「川越シェフは最近調子に乗っているのでは」
「リア充だからって。リア充ムカツク」
「つうか川越シェフはリア充なのか?」

…「リア充」って他人をうらやむところからきているんだろうか。
わたしは川越シェフ本人に聞いてみればいいんじゃないかって思ったけど。
まあ、みずから「自分はリア充!」って言える人も稀ですよねきっと。
そもそもその言葉自体ネット用語な気がするから、ネットにどっぷり浸かるヒマもなく充実したリアルを送っているひとは、自分がリア充かどうかなんて気にしないだろう。

「で、お前こそどうなんだ」と聞いてみたところ、
「わたしはネト充!」と言い切っておった。彼女は今mixi、twitter、facebook、youtubeと充実したネットライフを送っているそうだ
。「リア充ムカツク」と言っとる時点でかなりどっぷり浸かっていることはよくわかりますがね。
わたしは、ややリア充のちょいネト充と言っといた。
「ややリア充ってのもムカツクのか」と聞いたら
「妙に現実的だ」
と言われてしまった。まあ、確かに、なあ。

そういえば自分の姉も「川越シェフ嫌い」って言ってた。なんか荒んでませんか?
そんなお二方には、タカトシのタカが「お試しか」でやってる川越スマイルのものまねをオススメしておいた。「嫌い嫌い」と歪みがちだった表情が少しやわらいだので、ホッとしましたよ。
がんばって、がんばってテレビに出ずっぱるようになると「調子に乗っている」とガン飛ばされてしまう。
芸能人てほんと大変ですね。
posted by アンゴ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。