2011年06月27日

twitter(日本限定)

自分がいつも眺めているtwitterは、日本語で溢れている。
Rob ThomasとMatchbox 20を除いたら、あとはぜんぶ日本語でつぶやかれるアカウント。
100%日本語使用中のアカウントしかフォローしていない人も多いのではなかろうか?
世界中で広がっているTwitterなのに、われわれ日本人が体験しているのは、その中でも、なんと一部だけであること。
使用言語に関してこれほど不自由だと思ったこと、私は、無い。

だって、もしも英語でtwitterしていたら、世界中の人からリツイートされたりとかあるかもじゃないですか。
(そのためには、ジョークのセンスも世界共通仕様でなければならない? うーん、やっぱムズカシイかも)

震災の後って、海外の報道とか訳された文章がtwitterでけっこう見られて、気持ち的に励まされることが多かった。
日本の立ち直りの早さ、真面目さを賞賛するニュースがいっぱい見られて、世界の人達がちゃんと日本を見てくれていることがすごーく伝わってきた。

でも、最近はそれがない。「外から見た日本」がプッツリ途絶えたのが、物足りない。
なんか歯がゆいのです。内輪だけでまとまっちゃってもったいないなー、なんて、思うんですよね。
別に励ましの言葉を読みたいわけじゃない。善いことでも悪いことでも単純に日本ってどんなふうに見られているのか知りたいと思うようになった。
簡単な英語しかわからない。読みたくても読めない。ああ、歯がゆい。
勉強しろってか。そうだな。勉強するか。英語。
posted by アンゴ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212148419

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。