2011年07月13日

「げんだいびじゅつをのぞいてみませんか」資生堂アートハウス

「げんだいびじゅつをのぞいてみませんか」資生堂アートハウス

きれいな水色
グラデーションが好き
カラフルで楽しい

現代美術は難しくない。
Don't think, feel it! 的な。
疲れているときにぼーっと見ておけばいいと思う。
「無題」が多いし(笑)
へんなものがたくさんあるなー、と思いながら、
素材は様々なので、表面とかじっくり見ちゃいます。

わたしは伊庭靖子さんの作品が好き。
いろづかいがオシャレでいて、布の描写がすごいリアルで感動した。
どんだけ観察力あるんだろ、と思った。

辰野登恵子さんの「4と5」シリーズはムキになって読解をこころみるも、ギブアップ。題名に数字があるから、塗り分けられたブロックを数えてみたり…。
画面構成が絶妙だなあ。

現代美術の中でも暗いかんじのは苦手だけど、さわやかなものが多くてかんじのいい展示でした。
posted by アンゴ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214684320

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。