2011年10月24日

オタク文化とデザインの関係

「ウツボラ」は2巻で完結するらしい。
というのも、立ち読みしたデザイン誌「idea(アイディア)」で偶然見つけた情報。
ちょうど「オタク文化とデザインの関係」的な特集でけっこうおもしろかった。

アニメだって、漫画だって、ロゴもパッケージもしっかりデザインされているんですね。
そうだろうとは思っていたけど、改めてしっかり説明されると感心するしかない。
「まどか☆まぎか」のロゴに秘められた裏話なんて、作品の魅力そのものを説明しているように感じた。

漫画単行本の装丁なんかもけっこう気になっていたものがたくさん紹介されてて楽しい。
その中のひとつが「ウツボラ」の装丁でした。
1巻があの色であの人物なので、2巻はこんな色であの人が入るらしいです。(わかる人いるのかこれ。1・2巻がちょうど対になるイメージでお願いします。)


↓特集詳細(誠文堂新光社HP)
idea magazine
IDEA No.348 : 漫画・アニメ・ライトノベルのデザイン EXTRA


↓アマゾンリンク
idea (アイデア) 2011年 09月号 [雑誌] [雑誌] / 誠文堂新光社 (刊)
posted by アンゴ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本雑誌マンガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231942005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。