2011年11月06日

「家政婦のミタ」と「11人もいる」

「家政婦のミタ」
「11人もいる!」
偶然にも有名ドラマと漫画をパロディしたタイトルが並ぶ。
内容はまったくリンクしていない。
内容がぜんぜん違うながらのタイトルだけちょいと拝借のセンスが洒落てると思うんだよね。

「ミタ」
ミタさんの徹底した冷静ぶりが気持ちいいくらい。彼女の謎は気になるというか、いっそのこと謎のままで終わってほしい。最後になってへんに人情ちっくになると冷めそうだから。
シリアス一辺倒のはずなのに、ミタさんの、時に滑稽なくらいの仕事熱心さにウフッとくる。シュールだ。松嶋菜々子の存在を感じない。ただ「ミタ」というキャラがすごい存在感でそこに居る。
ちょっと気になるのはドクターバッグがときどき必要以上にアップで映るところかな。ドラマにおいて、そんなに重要なポイントなのかな? とへんに勘ぐってしまう。
ひたすら責められるダメ父親像もすごくいい。歯切れの悪い物言いがイライラを誘う。すごく生身の人間らしい。こういうニンゲン絶対いる!

「11人」
ほどほどのふざけ具合。ほのぼのしていて癒し系。子役(特にせいしろう)がかわいい。「ミタ」の反動で見たくなるかんじ。
「SPEC」以来、神木氏が好き。


「相棒10」
もう殿堂入りでおk。シリーズ終盤になるまでは1話完結でゆるーく続きますから、ゆるーい気持ちで見ます。ときどきキレる右京を見るとモノマネしたくなる。

「謎解きはディナーのあとで」
10代しか見ないイメージで、手が出ない。北川景子×向井理、どっちも、世間で騒がれるほど好きになれん顔だな。

「ハンター」
桐谷も米倉も好きだけど、残念ながらたるくて1話途中で終了。

「南極大陸」
主役のせいで、ネタとしても、時間がもったいない、誰が見るんだろう? 熟年の方? 芦田さんも忙しいんでしょ? 仕事を量から質に切り替えたらいかがだろうか。木村拓哉は顔と声、単体でそれぞれがそこそこなんだが、合わせ技ではマイナス効果を発揮する。ジブリで王子系キャラの声優やってればいいと思う。
posted by アンゴ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233832962

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。