2012年08月08日

乳腺炎の騒動と顛末

わが子が1ヶ月半くらいのころ。
軽い乳腺炎になりました。
考えられる原因は、スワドリングによりわが子が急によく寝るようになり、授乳間隔が長くなったこと、夕食にレトルトのハンバーグを食べたこと(しかもおかわり)、でしょうか。
幸い、近所に母乳外来があり、予約いっぱいと言われながらも突撃したらマッサージしてもらえて、一晩で熱は下がり、3日くらいで胸のしこりが消えた。
熱が出たものの(たぶんピークは38.5度くらいかな。上がり続けるのがこわくて途中から測るのやめた)痛みはそれほどでもなく、ほんとう軽く済んでよかったのだと思うのだが、
精神的やばさがピークの頃だったので、もう気持ち的には底辺でした。

すぐに体調は元通りになったのだが、母乳外来で言われたのがいわゆる桶谷式と同じ内容で、乳腺炎におそれをなしたわたしは実践をこころみた。
ハンバーグとかカレーとかNG。揚げ物もダメ。和食の粗食がいちばん良い、と。

…あのですねえ、真夏にこういうこと実践していると、どんどん体重落ちて体力もちません。
それから2週間後くらいに体重計乗ったときに超えてはいけないラインに踏み込んでいることに気づき、食事内容を元に戻しました。
その頃ひざはガクガクするし夕方になるとフラフラするわで気持ちも落ち込んでいたんだけど、食事を食べたいものを食べたいだけ食べるように切り替えたら3日くらいでふつうの体調に戻りました。

それから乳腺炎の兆候はいっさいないです。
今気をつけていることは
・毎日乳腺の出口をチェックして、ガーゼできれいにすること
・夜間の授乳は最低2回すること
これだけは徹底して、食に関しては身体が欲しがるものを欲しがるだけ飲んで食べてます。
母乳外来は一度くらい行ってみるといいと思います。
母乳の調子がよくなるし、わたしの場合乳腺の出口がせまくて詰まりやすいということがわかってよかったです。

桶谷式は、鵜呑みにして実践するものではないと思いました。
ラベル:母乳 桶谷 乳腺炎
posted by アンゴ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。