2012年08月23日

お客様は神様的な

広報アドバイザーが無印良品の店員に「販売員は下に見られがちな職種」と差別的な発言か / ネットの声「馬鹿げた意見」ロケットニュース

この広報アドバイザーのいう「販売員は下に見られがち」というのは、

「お客様は神様」

とかいう日本独自の空気感からきているのでは?
無印良品やユニクロに行くと社員からアルバイトまで徹底した教育を感じてお客であるわたしがたじろぐくらいの丁寧さだ。直後に某シューズストアに行くと、忙しいアピールをする店員にがっかりすると同時にその雑な扱いにどこか安心するものである。

わたしは海外に行った経験が一度きりあるのだが、ニューヨークシティではお店に入ると必ず店員と「ハロー」の挨拶を交わし、レジに並べば「どこから来たの?」「そのネイルとてもキュートね」とまるで友人のように会話をする。日本だとよっぽど常連じゃないとこの手の会話はしない気がする。この体験はかなり新鮮だったし英語を話すのが苦手なわたしはびびりまくった。

海外では、「お客様は神様」ではない。
チップというものの存在もそのためではないか。
日本ではサービスされるのが当たり前、海外ではサービスは無い。
まあ日本の場合は国民皆中流階級だからこそ「お客様は神様」が通用するのだろうな。海外では貧富の差とかで職種が決まることがあるし事情はもっと複雑なのだけれど。

この広報アドバイザーは言葉がかなり悪いと思うので「馬鹿げた意見」と批判されるのもしょうがないと思うが、日本国内では接客する人間の立場が海外に比べて特殊であるのは事実だと思う。

…無印良品の販売員さんと接していて不快な想いをしたことは一度も無いです。
posted by アンゴ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

どうも対処しないよ

駅のホームでスマホ事故多発 ジョブズ氏ならどう対処する?

楽しいスマホ画面に見とれて人に体当たり。
さあさ、ジョブズさん、すごいものを作り出してくれたね!
あなたが発明した新しいモノのおかげでちょっとした事故が起きてますー、
どうしてくれるんだ??

という内容。

たとえ存命であっても、それはジョブズの仕事ではない。
そもそも「負の遺産」と言い切れる段階でもない。
駅のホームがどれだけ危険な場所かってこと忘れているだけじゃないだろうか。
柵もないなんておかしくないか?

この記事はモンスター○○のレベルだ。
ジョブスが亡くなったのにかこつけて無理やり書いたとしか思えない。
彼に失礼である。
posted by アンゴ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

「申し訳ないが『ニンテンドー3DS』は終わったコンテンツ」らしい

申し訳ないが『ニンテンドー3DS』は終わったコンテンツ

だったらWiiまがいのコントローラとか出しちゃったプレステってなんなのだろう。
Wiiのコントローラが画期的でみんなにウケたからじゃねーの。
お得意の「高性能・高画質」にこだわってればよかったのにw
志がブレブレでかっこ悪い。

しかも、「高画質」であることが必ずしも絶対条件ではないことが、WiiとDSのヒットで明らかになってません?PS3の方がキレーだよね。確かにキレー、だからなに、と思う人が少しばかり存在するようですよ。
「高性能」は、なにをもってそう判断するのかによる。エンジン的な部分がすごいから美麗なグラフィックを多用したゲームを体験できるのか、それとも感覚的な操作を正確に読み取る能力が備わっていることを評価するのか。性能ってのは使った人が判断するところで、数字ではかることじゃないと思う。

さらに、Wiiヒット後の後出しジャンケン勝負はXboxの方が僅差で勝った…かな?
コントローラ振り回すのをまるごと真似たプレステに比べて
全身動かして遊べるという進化が見られる点。
後出しなのにまったく同じもの出すって恥ずかしくないのかね。
(いくら感度がWiiより優れているとか謳われたって、ざっくりくくったら同じものは同じなんですよ)

ニンテンドー3DSは値下げに落ち着いた。
3Dディスプレイは、量販店の店員から「なくてもいい機能です」と接客された今日この頃。
3Dブームは一度終息するかもしれないが、それはディスプレイに限ったハナシだと思う。
個人的に、これからは画面の外に飛び出すことを期待してます。
何かしら新しいかたちに進化していくのは確実なのですが、それを最初に世に送り出すのがどのメーカーなのか楽しみですね。

今のソニーには無理そう。
あ、余計なひと言スマソ。
posted by アンゴ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

twitter(日本限定)

自分がいつも眺めているtwitterは、日本語で溢れている。
Rob ThomasとMatchbox 20を除いたら、あとはぜんぶ日本語でつぶやかれるアカウント。
100%日本語使用中のアカウントしかフォローしていない人も多いのではなかろうか?
世界中で広がっているTwitterなのに、われわれ日本人が体験しているのは、その中でも、なんと一部だけであること。
使用言語に関してこれほど不自由だと思ったこと、私は、無い。

だって、もしも英語でtwitterしていたら、世界中の人からリツイートされたりとかあるかもじゃないですか。
(そのためには、ジョークのセンスも世界共通仕様でなければならない? うーん、やっぱムズカシイかも)

震災の後って、海外の報道とか訳された文章がtwitterでけっこう見られて、気持ち的に励まされることが多かった。
日本の立ち直りの早さ、真面目さを賞賛するニュースがいっぱい見られて、世界の人達がちゃんと日本を見てくれていることがすごーく伝わってきた。

でも、最近はそれがない。「外から見た日本」がプッツリ途絶えたのが、物足りない。
なんか歯がゆいのです。内輪だけでまとまっちゃってもったいないなー、なんて、思うんですよね。
別に励ましの言葉を読みたいわけじゃない。善いことでも悪いことでも単純に日本ってどんなふうに見られているのか知りたいと思うようになった。
簡単な英語しかわからない。読みたくても読めない。ああ、歯がゆい。
勉強しろってか。そうだな。勉強するか。英語。
posted by アンゴ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

NHKスペシャル

NHKスペシャル
シリーズ 原発危機 第1回 「事故はなぜ深刻化したのか」

やってますね。録画中です。
なにが起きたのか、これからどうなっていくのかを知りたくて、自分なりに原発事故について様々なヒトの意見を知ろうとしたつもりでした。ふだんより新聞読んだり、ニュース聞いたり、Twitterで紹介されてるコラム読んだり。うーん、混乱しましたね。こまぎれの情報で視点が混在しているとけっきょくなにがなんだか、というかんじです。
Twitterなんかは玉石混合なうえ信憑性もわからないときて、情報を鵜呑みにするには危険なツールだと感じました。ツイッター大喜利とか、デイブ・スペクターのひたすらダジャレとか、宋文洲氏のちょっとキツめの日本人論なんかを流し読みするのは楽しめるのですが。

だれかの視点でまとめられたものを伝え聞くのがいちばんなのかも。
今回は、「NHK」の視点です。今後様々な視点から検証レポートがなされることを期待します。

そんなこんなで、録画したやつ明日あたりちゃんと見ようと思います。
ラベル:NHKスペシャル
posted by アンゴ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

きれい好きな人々

「日本人は小さい頃から新聞とテレビは正しい。雑誌とインターネットは嘘ばかりだ。と思い込まされている」
引用元→上杉隆氏のインタビュー記事

きれいな言葉、きれいな身なり、みんな大好きでしょ。
就活だってバカみたいに身なりを気にしたものでした。
声高に必死で叫ぶ声よりも、頭よさそーに落ち着いて理路整然と話す声の方が好きなんじゃないだろうか。
「品位」が低い週刊誌よりも、「高尚」な新聞の方が「正しい気がする」のではないだろうか。

メルトダウンについて東電が発表したの聞いたって、
「あー、やっぱりね」
みたいな。
なんだろ、このあきらめたかんじ。
平和ボケというより現実逃避しすぎじゃないかしら。
おそろしい世の中なのかもしれないと最近よく思います。
危機感がないけど大丈夫か!?
わたしだけじゃなく、皆さん。
posted by アンゴ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。