2011年12月03日

長谷川博己!!

『家政婦のミタ』の人気の要因は、長谷川博己が演じる"クズキャラ"?(cyzo woman)

長谷川博己が気持ちよく演じているクズ父親像が、このドラマの人気のひとつの要因となり、見る人の苛立ちをさそったり、共感を呼んでいるという点は賛成できる。
問題はその後の記述。

 長谷川は、アラフォー女性の幻想にとことん付き合った映画版『セカンドバージン』や、問題から決して逃げない役を演じたドラマ『鈴木先生』(テレビ東京系)では思ったような数字を稼げなかったが、今回の『家政婦のミタ』ではきれいごとだけではない人間の恥部をさらけだしたことで視聴率に貢献した。
 今後のドラマでは、長谷川が「クズ」のイメージを払拭することがなかなか難しいだろう。しかし、この人気に乗じて、ポスト長谷川と言えるクズ男キャラクターが増えるなんてこともあるかもしれない。この「クズ」キャラクターが、次期クールでの新ドラマにどんな影響を与えるかも注目だ。


長谷川の演技を見くびってなかろうか?
長谷川の評判は、まったくちがう役をこなしてしまうカメレオン俳優というイメージだ。しかも、演技力が視聴率に直結するなんて話は聞いたことがない。
だから、彼が次にどんなドラマに出ようとも、「クズ」のイメージを払拭することは容易いのではないだろうか。(織田裕二みたいなタイプでもあるまいし。)別に視聴率うんぬんのハナシでもなく、また見たい、と思わせる俳優さんである。
posted by アンゴ at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

「家政婦のミタ」と「11人もいる」

「家政婦のミタ」
「11人もいる!」
偶然にも有名ドラマと漫画をパロディしたタイトルが並ぶ。
内容はまったくリンクしていない。
内容がぜんぜん違うながらのタイトルだけちょいと拝借のセンスが洒落てると思うんだよね。

「ミタ」
ミタさんの徹底した冷静ぶりが気持ちいいくらい。彼女の謎は気になるというか、いっそのこと謎のままで終わってほしい。最後になってへんに人情ちっくになると冷めそうだから。
シリアス一辺倒のはずなのに、ミタさんの、時に滑稽なくらいの仕事熱心さにウフッとくる。シュールだ。松嶋菜々子の存在を感じない。ただ「ミタ」というキャラがすごい存在感でそこに居る。
ちょっと気になるのはドクターバッグがときどき必要以上にアップで映るところかな。ドラマにおいて、そんなに重要なポイントなのかな? とへんに勘ぐってしまう。
ひたすら責められるダメ父親像もすごくいい。歯切れの悪い物言いがイライラを誘う。すごく生身の人間らしい。こういうニンゲン絶対いる!

「11人」
ほどほどのふざけ具合。ほのぼのしていて癒し系。子役(特にせいしろう)がかわいい。「ミタ」の反動で見たくなるかんじ。
「SPEC」以来、神木氏が好き。


「相棒10」
もう殿堂入りでおk。シリーズ終盤になるまでは1話完結でゆるーく続きますから、ゆるーい気持ちで見ます。ときどきキレる右京を見るとモノマネしたくなる。

「謎解きはディナーのあとで」
10代しか見ないイメージで、手が出ない。北川景子×向井理、どっちも、世間で騒がれるほど好きになれん顔だな。

「ハンター」
桐谷も米倉も好きだけど、残念ながらたるくて1話途中で終了。

「南極大陸」
主役のせいで、ネタとしても、時間がもったいない、誰が見るんだろう? 熟年の方? 芦田さんも忙しいんでしょ? 仕事を量から質に切り替えたらいかがだろうか。木村拓哉は顔と声、単体でそれぞれがそこそこなんだが、合わせ技ではマイナス効果を発揮する。ジブリで王子系キャラの声優やってればいいと思う。
posted by アンゴ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

最恐!怪談夜話

NHKの
最恐!怪談夜話

今年(2011年)は、ない、みたいですね。残念。
余計な演出が一切なくて好きなんですが。

民放のゴールデン帯でも体験談のVTR再現とかたまにやってますが、映像でびっくりさせるものが多くて芯から寒くなるような恐怖は皆無なので。

自分は安曇潤平氏の登山にまつわる怪談がいちばんゾッとします。
ラベル:NHK 最恐 怪談夜話
posted by アンゴ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

JOKERおわた

毎週たのしみだったJOKERもラストは特別編できれいに終了。
法で裁けない犯罪者を警察官が手を汚して始末するとは、なんてあとあじの悪いドラマなんだって最初は思ってましたが、回を追う毎にきれいなドラマになっていったような気がします。最後なんか仲良く謎の組織について謎解き開始って感じでね。うまくまとまったような気はします。

次クールはなんかおもしろいのあるかしら。
posted by アンゴ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

GOLDおわた

セリフにはぞわぞわしたけど、対照的な母親の対比はおもひろかった。
いちばんの衝撃はエドはるみのスリップ姿…かな。
posted by アンゴ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

ドラマ「GOLD」を観てますが

木曜10時フジ系「GOLD」
うーん、なんか、おもしろいかも。

野島伸司脚本。
いかにも「これぞドラマです」ってセリフにちょっと引くんだが、我慢して観てるとわりとおもしろい。
だんだん悲惨な展開が見えてきて、若干やばめ?
エドはるみの動向とても気になります。

暗いドラマが多いな。
posted by アンゴ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

ジョーカーを観てますが

火曜9時フジ系「ジョーカー」
うーん、おもしろい。

観始めこそ
「仕事できなくてやけくそで犯罪に手を染めるくさったやつらだ、立件できるようにしっかり働け」
と思っていたんですけどね…。

「ナツキ」の事件が「ダテさん」たちのやってることとどう関わってくるのかねー。来週も楽しみでっす。
posted by アンゴ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。