2016年02月16日

色彩検定1級 一発合格できてよかった

色彩検定1級合格記念エントリー。
受験目的は会社から出る微々たる手当と、「LabやLCH表色系についてきちんと知りたい/色彩について感覚的でなく言語的、数値的な知識が足りないのでは」という考えからだった。
自分の勉強内容をふりかえってみる。

<使用した教材>
1級の公式テキスト
サミュエルの1級1次試験問題集
過去問(2012年、2013年、2014年度)
やさしい色彩検定3級
199a配色カード

<1次試験対策 1ヶ月間で時間にして20時間程度>
〜サミュエルの1級1次試験問題集1回目〜
公式テキストを参考にしつつ、理解・納得することに重点をおき時間をかける。
〜サミュエルの1級1次試験問題集2・3回目〜
不正解で解答・解説にて理解できないところ以外は公式テキストを見ず。正解することに重点をおく。

<1次試験について>
問題集を正答率90%くらいになるまで解いておけば安心ではないだろうか、と、簡単に書いてみたが、2級と比較して1級は公式テキストが厚く、サミュエルの問題集もかなりのボリュームに感じた。とにかく覚える量が多かったので、もっと時間をかけたかったところ。それでも30時間もつぎ込めたら十分なのかな、という感触だった。
自分が苦戦したのが、見慣れていたマンセル表色系と色の記号化ルールが異なるオストワルト表色系やNCS表色系であった。あとは視細胞と脳への伝達の流れかな。公式テキストだと全体像がわからなかった。細胞名はやむを得ず語呂合わせ暗記だったし。ファッション業界や仕組みについても業界的に今後役に立たない割に覚えることが多かった。

<1次試験終了直後から、2次試験対策を開始 1ヶ月間空き時間をフル活用>
配色カード199aを1cm角で切り取りトーン毎で一覧シートを作成しマンセル値を付記
配色カード199aの色相名暗記
配色カード199aの、マンセル値の明度と彩度の法則探し(丸暗記はせず)
配色カード199aで、慣用色・心理四原色・色光の3原色・色料の3原色に対応するトーンの暗記
過去問の2012〜2014年を購入し試験前1.5週間で3回ずつくらい模擬試験
2〜3級知識の確認(pccsトーン 中間色・明清色・暗清色 補色色相・中差色相 といった色彩用語の意味。配色の基礎など。過去問を解く中で知らない用語や理解できない用語があれば確認)

<その他2次試験について>
2次試験直前になって過去問足りないのではと不安になるも、本屋で2009の内容を確認して傾向がずいぶん違ったため購入に至らず。ここ3年ほど、丸暗記が不要で配色理論を重視している印象。
必ず最初に出題される視感測色については同じ問題でも繰り返すほど目が慣れてくる。訓練あるのみだった。
配色カードのマンセル値暗記については得意な人はやればいいと思うのだが、自分が苦手だったことと、あとは最近の出題ではpccsとマンセルの色相変換表が問題用紙に載っていたり、目視で判断できそうだったのでそれほど重要視せず省略した。
配色カードの切り貼り作業はぶっつけ本番だったが前半60分で問題を解き後半30分でカードの作業でちょうど良い感じだった。

<2015年の試験内容について>
1次試験についてはこれといって難はなかったように思うが、むしろ記述問題が過去にも出題があったSD法とは、ラッキーだった。
2次試験は、これまで頻出だった慣用色名は出ず、まさかのファッション流行色史から「アシッドカラー」「シャーベットカラー」「モーニングスターブルー」。しかしバッチリ公式テキストにある内容なのでひるんではいけない。これらが解けなかったら勉強不足…!自分はアシッドカラーとシャーベットカラーがわからず血の気が引いた。「モーニングスターブルー」についてはサミュエルの問題集に感謝。

<所感>
5、6年前に2級を取得。既婚・子持ち・フルタイム勤務。クソ忙しい日々の中で合格した達成感ときたらもう。協力してくれた家族感謝。
肝心の動機「LabやLCH表色系についてきちんと知りたい/色彩について感覚的でなく言語的、数値的な知識が足りないのでは」については、色彩検定だけでは物足りない。というか、勉強して知ったけど色彩検定は、ファッションに関する知識が多く動機を満たすためにはあまり意味が無かったのかもしれない。光学や色彩工学といったディープな学問に片足突っ込まないといけないことがわかり、気が重いw
なにはともあれ無事合格できたので今夜はご馳走つくってワイン飲む。
posted by アンゴ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

秋の気配、おすすめ企画展

静岡市美術館の「フィンランドのくらしとデザイン

マリメッコ様。ほっこり。

資生堂アートハウスの「ことしも げんだいびじゅつ

昨年行ったので。カラフルで、たんじゅん図形で、楽しいぞ。
ここは展示数が多すぎなくてさくっと見られるところが好き。
無料だし。

どっちも行きたい!!!

無理かなー。授乳室あるかな?
posted by アンゴ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

PVC Design Award 2012(塩ビものづくりコンテスト)

今年も「塩ビものづくりコンテスト」に挑戦です。

「○○×Soft PVC」
行為と素材(軟質塩ビ)とのかけあわせで生まれる新しいプロダクト
…とな。

軟質塩ビ。
テーブルクロスに使う透明のビニル。
デスクマットに使う透明のビニル。
浮き輪。ビーチボール。
などなど。

素材からの発想ってけっこうむずかしい。
案からはじめて、適した素材を探していく方がラクなように、わたしは感じます。

おもいついた案について、ほんとうにその素材を使うことに利点があるのかを、よく検討することが大事だなあと。
「それってこっちの素材使ったほうがよくない!?」
という突っ込みどころがあってはダメだよねえ。
その素材について特性を理解していないと出来ない。

ちゃんとその辺をクリアした提案ができたかは審査待ちだけど、2回目の挑戦で軟質塩ビという素材についてより理解が深まったという気がします。
そしてますます軟質塩ビが好きになりました。



一時審査通過連絡が来ないまま9月となってしまいました^^;ざんねん!9/7
posted by アンゴ at 21:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

秋野不矩美術館

秋野不矩美術館に行った。
インドの風景がテーマの企画展だった。

季節や時間のうつろいが目に見える。
とくに風景を描いたものは刻々と変わる陽光が感じられる。
「帰牛」は夕刻だろうか、水面がいちばんきらきらと輝く時間帯の川面をシルバーの顔料で表現している。他の絵画にもシルバーやゴールドの顔料が使われている部分があった。
過去に「ベトナム絵画」展というものを見たことがあるのだけど、そのときも光の当たる部分がゴールドで強調されていた。

東南アジア特有のまぶしさみたいな明るさがあるんだろうなあ。行ったことないから分からないけど。


あとは、水牛が、氾濫した大河を渡る姿を描いた作品「渡河」は、すごい迫力でした。
水牛の雄々しさがじわじわ伝わるかんじ。


空調の音さえしない展示室があって、そこは独特な空間でした。
しかし作品数が、少ない。
企画展仕様でしょうか?
ラベル:秋野不矩
posted by アンゴ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

8年とか普通に書くけど冷静に考えるとその歳月を思い青ざめる

うお。
イラレ歴8年目にしてはじめてパターンブラシの作成を覚えた!
これできると幅が広がる気がする!
今までどれだけ表現の幅の狭ーいグラフィックを作ってきたのか!
やべえ。自分のスペックが未だに底辺。
そして、ついにノーパソのオーディオ系が逝ってしまった。
もう買おう。いい加減買い替えよう。
8年よくがんばったよiBookちゃん…
もうサポート外なのにねえ…。

よーし、そろそろ次の公募の準備をはじめよう。
締切は、おっと、10月初旬じゃないか?え?
日記書いてるとか余裕綽々だな。

そしてコクヨアワード事務局からご丁寧にトークショーの案内状が届いた。
こじゃれた封書が届いたので入選補欠にでもなったのかと思った。
ちゃんと落選した旨が明記してあったんで安心した。

入選補欠なんかないでしょうよ。
posted by アンゴ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

希薄な望み

公募でことごとく入賞するのをいいことに、次のステップとして、一回の賞金でなく、継続して収入を得られそうなコンペを探している。

でも、その可能生のあるものが少ないこと。
実際にそうした収入を得ながらアートディレクターを職としている人って日本に何人いるのだろうか。しかも地方にいてそんな仕事をこなしている人間が何人いるのだろうか?

夢のまた夢見だ。ましてや結婚してこれから子どもを産もうという女性になにができるのだろうか?

なかよしの友人からちょっとポストカード作ってよ、とかたのまれるとか、そういうのを目指しているわけじゃない。

あー、なやましい。
posted by アンゴ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

「げんだいびじゅつをのぞいてみませんか」資生堂アートハウス

「げんだいびじゅつをのぞいてみませんか」資生堂アートハウス

きれいな水色
グラデーションが好き
カラフルで楽しい

現代美術は難しくない。
Don't think, feel it! 的な。
疲れているときにぼーっと見ておけばいいと思う。
「無題」が多いし(笑)
へんなものがたくさんあるなー、と思いながら、
素材は様々なので、表面とかじっくり見ちゃいます。

わたしは伊庭靖子さんの作品が好き。
いろづかいがオシャレでいて、布の描写がすごいリアルで感動した。
どんだけ観察力あるんだろ、と思った。

辰野登恵子さんの「4と5」シリーズはムキになって読解をこころみるも、ギブアップ。題名に数字があるから、塗り分けられたブロックを数えてみたり…。
画面構成が絶妙だなあ。

現代美術の中でも暗いかんじのは苦手だけど、さわやかなものが多くてかんじのいい展示でした。
posted by アンゴ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

ハンス・コパー展

静岡市美術館にて開催されていました、
「ハンス・コパー展」を観に行きましたとさ。

ハンス・コパーは陶芸家。同じく陶芸家のルーシー・リーの弟子だそうです。時代は青騎士の頃と重なってくるようだ。
ハンス・コパーの作品は色がない。アイボリー、焦げ茶、チャコールグレー。形状は整った左右対称が多く、アール・デコの雰囲気を持っている。カチッとしていてかっこいい。

繰り返し登場する「キグラデス・フォーム」や「スペード・フォーム」と題された作品の形状が、人間の胸部に見えた。抽象彫刻的で、ちょっと不気味なところもまた魅力なんだろう。「頭部」と題された数点のオブジェめいた作品は、キュビズム絵画を立体にしたような形で、偶像的な雰囲気がちょっと神々しくもあった。(パネルに表記があったナウム・ガボという作家で検索したら似たような造形が出てきたのでむしろロシア・アヴァンギャルドというジャンルに入るようです)

後半、ルーシー・リーの作品もいくつか展示されていた。彼女の作品には奇麗色が使われていて形もどこか丸みがあるので、コパーとの対比がまたはっとさせられる。コパーの作品の無機質さも、リーの作品の瑞々しさも、どちらも引き立てあっているように思った。
師弟でありながら芸術家として対等な関係にあったというから、お互いに違うテイストを持ちながら、高め合って制作に励んでいたのだろうな、と思った。
posted by アンゴ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

ココチホテル沼津のコンペ結果

「ココチホテル沼津」客室コンペ審査結果

いいなあ。
なんでこんなにほっこりするんだろ。
最優秀賞の「夕焼け空」。
鮮やかで、無垢だなあ。
「組み立ててください」
なんだかものすごくキュンキュンしてしまった。
昨夜のロンハー芸人運動会の吉村(平成ノブコブ)とおなじくらい恋した。


コンペ自体のコンセプトと、審査員の面々(ひびのこづえ、グエナエル・ニコラ等)からとても惹かれて応募したかったコンペでしたが、例にもれず、締切ぎりぎりの提出を狙っていたところ、震災が起きたショックであきらめたというなんとも情けない。
「ココチホテル」のひびきにしっくりくるような心地いい空間を考えたかったー。
(11日の時点で考えもまとまっていなかったのか。ほんとにやる気あったのかどうか、自分に疑問。)


過ぎたものはしょーんないから次にいこう。目星はつけている。
来月は立て続けにモックアップ展示しかも平日スケジュールだ。
非常に楽しみなのはいいとして、そんなに会社休めるのか、あたし。わたわた。
posted by アンゴ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

5かー。

はまっている公募、募集中のコンペをチェック。

Midtown Awards
デザインコンペ
テーマ「5」

これ、ムズ!!
5周年だから「5」って。
身勝手もいいところだ。

しかし逆手にとれば、
自由に副テーマを決められる、ということなのかな。
「誰彼がこうこうしたいとき必要なものはなに?」
みたいな具体的な設定が一切ないように見えるから、
どっかの要素に「5」を組み込めば、その他はやりたい放題だろう。
幅広いアイディアが集まる予感。

時間あるし、だめもとで考えてみるか。
posted by アンゴ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・デザイン | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。